calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

categories

archives

私の本棚です、編集が止まっていますがお待ちください。

電撃文庫が色々紹介されています。参考にしてます。

@ゲームの着せ替えです。

黒ひげ(笑)

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.01.16 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
  • 0

    魔王なあの娘と村人A―幼なじみは勇者です

    評価:
    ゆうき りん
    アスキーメディアワークス
    ¥ 557
    (2011-05-10)
    コメント:世界観が結構好きですね。そのうち向こうの世界についても書かれるのだろうか。

    JUGEMテーマ:読書感想文
     あけましておめでとうございます(今頃かよ!)っというわけで、今年初の更新です。

    一時期流行った魔王もののライトノベルの一つだと思います。

    普通の学園もので痛い発言をする話かなと思っていたら、ティル・ユニバースという別世界があって、<個性者>と呼ばれる一部の才能?のある人々がそこで自分の個性の職業を生かして物語をつくり、それがなんらかの形で政府の利益になり(どんなシステムなのかは語られていませんが)<個性者>が法律で守られている世界みたいで、ほとんどの人は村人(個性者は村人を認識外に置いてしまうので無視されてしまう、風景みたいなものだと思っているらしい)と呼ばれてただの人という感じでした。

    村人なのに勇者と魔王の個性者に無視されない(惚れられている?)佐東の苦労話?というかどたばた話。

    魔王にも智謀型と力技型が居るみたいでこの魔王は智謀型でした。個性者は村人の会話から情報を引出、自分の個性を満たす為に利用するので魔王と会話することはすなわち魔王の人類殲滅計画のヒントを人類である村人A(佐東)が与えてしまうという(笑)

    まあでも魔王の計画はほぼ無害かむしろ良いことなので、計画を壊しに来る勇者のほうがむしろ悪に見えるという(笑)

    魔王は作戦のヒントをたくさん得られる佐東を気に入って引っ張り回し、佐東もなんだかんだ言いながらそれに付き合うをいう流れで中々面白い内容でした。

    結構面白いのでお薦めしたい。

    スポンサーサイト

    • 2012.01.16 Monday
    • -
    • 20:22
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク
    • 0

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック